自動車運転の安全意識

自動車運転免許試験に合格

自動車学校では安全意識を教育

国家試験の中で合格率が最も高いのが自動車学校の運転免許試験です。一般には教習所と言われており、普通車や大型、大特、二輪、けん引、2種免許を取るために通う学校となります。学科教育と実地による運転技能の教育が行われますが、仮免許試験に合格し、所定の路上運転を終えて卒業試験を受け、都道府県の公安委員会が行う学科試験に通過すれば晴れて自動車運転免許が発行され、公道での運転が許可されます。運転免許は国家試験の難易度は低いです。車の運転にとって運転免許の難易度は問題ではなく、ドライバーの安全への意識を教育します。

合宿免許で選ぶ自動車学校は

合宿免許は、宿泊施設に泊まり込んで短期間で自動車免許を取得する方法です。通常の通学免許なら3か月ほどかかる取得時間を約2週間まで短縮できます。また、どこの自動車学校の合宿に参加するかによって合宿期間中の楽しみ方が変わるため、教習所選びは怠れません。例えば、海近くの教習所なら空いた時間に海水浴を楽しめますし、近場にアミューズメント施設や商業施設があったほうが生活もしやすいでしょう。2週間ほど泊まり込みで原則として帰宅はできないため、合宿期間を問題なく楽しんで過ごせる教習所を選択することが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自動車学校で免許を取得 All rights reserved